zumenのblog

身近グルメ、100均、エンタメ、プロ野球

オオゼキならすぐ買える!「梅ヶ丘寿司の美登利」の恵方巻

今日は節分です。今や節分といえば恵方巻がメインのイベントになり、スーパーやお寿司やさんはクリスマス・ケーキ級の賑やかさです。美味しい恵方巻を探す旅に出ましたが、ああ、すぐ近くに売ってるわ!オオゼキの店内に梅ヶ丘寿司の美登利がテナントで入っているのでさささっと買ってきました。買ってきたのは2種類、サイズや味にどんな違いがあるのでしょうか。レポートしていきたいと思います!

 

 

オオゼキで買ってきた!

f:id:zumen:20210202150132j:plain

買ってきたのは2種類

オオゼキの一部店舗には梅ヶ丘寿司の美登利がテナントで入っているんです。今日、用事があって梅ヶ丘に行ったところ、本店のななめ向かいにあるテイクアウト店に長蛇の列が。みなさん、きっと恵方巻を買うために並んでいるのでしょう。こんな行列見た事ないくらいの列の長さを見て、美味しいお店で買いたい気持ちはみんな一緒だなとしみじみ感じつつ最寄りのオオゼキへ直行、少し混雑していましたが無事購入しました。種類はこの2種類でしたね。どんどん減っては補充されていく恵方巻。なんかすごい。

www.ozeki-net.co.jp

恵方巻

f:id:zumen:20210202150138j:plain

スタンダードな恵方巻は税抜380円。手頃なお値段と食べやすそうな太さです。

海鮮太巻き

f:id:zumen:20210202150200j:plain

こちらは海鮮の恵方巻、税抜470円。ハーフサイズですね。どんな海鮮が入ってるか期待。

 

サイズを比べてみよう

f:id:zumen:20210202150255j:plain

ふたつを並べるとこんな感じです。具材の違いだけではなく、太さと長さが違いますね。南南東の方向を向き、ただ黙々と食べるのが流儀となっています。

恵方巻の具材は?

f:id:zumen:20210202150242j:plain

まずはノーマル恵方巻から。大きなたまご焼きがメインかな?とびっこときゅうりも確認できますね。

f:id:zumen:20210202150317j:plain

カットすると見えなかった具材が判明。桜でんぶに甘いかんぴょう、何かの葉もありますがちょっとわかりませんでした。お味は甘めでお子様向けにおすすめしたい食べ応え。酢飯も食べやすい柔らかさで作り立てのようなふっくら具合でした。昔ながらの太巻きといった味わいで、きゅうりととびっこの歯ごたえがいいアクセントになっています。もぐもぐ食べていたら軽く1本完食してました。おっといけない、海鮮巻きもあるのに!

海鮮太巻きの具材は?

f:id:zumen:20210202150221j:plain

お次は海鮮恵方巻です。ほぼ海の幸で目に優しい具材たち。ノーマルとは装いがガラッと変わっていますね〜。まぐろ、サーモン、えび、とびっこ、数の子、きゅうり、たまご、あと名前が不明でしたがお魚の刺身が入っていました。ほおばるごとに感じるお刺身の旨味、数の子ととびっこのコリコリ、プチッとした完食、優しくつつむたまご焼きときゅうり、美味しすぎる。ぺろっと完食です。

どちらも美味しい!

f:id:zumen:20210202150305j:plain

有名店の味が並ばず買えるなんて、穴場かも。美登利寿司のテイクアウトならスーパーのテナント内がおすすめですよ。テイクアウトは梅ヶ丘テイクアウト専門店、オオゼキ内は上町店、池尻店、祖師谷店、高井戸店、大森店、東高円寺店、下北沢店、高田馬場店、松原店にあるのでぜひチェックしてみてください。来年の参考にもぜひどうぞ!

www.sushinomidori.co.jp